人気ブログランキング |

<   2015年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

先週の金曜、遅くなり、土曜に論文を書き上げたら
風邪を引いた。

日曜には喉がいたい。
月曜の朝はもっと痛い。
それでも最後の授業で休めないので出勤。
よりによってスペイン語の授業なので
声を出す。
月曜に病院にいって薬をもらったら喉の痛みはひいた。

だが、ちょうど職場の健診の水曜になっても
咳がとまらん。
ついでに問診も受けられるというので受けてみる。
「あー、呼吸器科いったほうがいいですね」

というわけで、翌日、受診。
相方はもっとひどい状態で、夜中にぜんそくのような
咳をするので私も眠れず。
iPhoneの睡眠アプリをみたら実質的に2時間しか
眠れてなかった。

さて、血液検査やX線検査をして、受付から3時間たって
受診。前回きたのは1年半以上前だった。
ふたりとも咳ぜんそくの診断で、それぞれ強度の違う
吸入剤をもらっていた。
しかし、わりとあっさり治ってそのままにしていたのに
ここへ来て急激に悪化して再発。

ふたりとも教職ということで、マイコプラズマとか
もっとヤバい系のものをまず検査し、それがないことから
ぜんそく系のチェック。

最初は、相方はぜんそく、私はもっと軽いもの、という
見立てだったのだが、ヌブライザーという、気管支を
拡張する湯気を吸い込む措置を10分行ったあとの
感覚で、判断が逆転。
相方はほとんど変わらず、私は楽になったので、
あちらは急性気管支炎、私は咳ぜんそくという診断になり、
処方もむこうは抗生物質、私は吸入ステロイド剤となったのでした。

吸入は分かるんだけど、シングレアっていうアレルギー錠剤が
出されたのはなぜかな、と調べていたらあたったこの
ページ
が分かりやすかった。

というわけで、ちとしんどいですが、気長に治療します。
まあ学期末でよかった。
by chinaloca | 2015-02-08 00:16 | 健康
整骨院にて。
「今日はもう、恵方巻き買いはりましたか?」
「いや〜、あれ、関西の習慣でしょう。うちやらないんですよ」
「ええ?!全国区やないんですか?!ふつうに全国区かと思ってました」
「しかもあれ、美味しそうだけど、一気に食べろ、っていうでしょ。無理です」
「そうですね、食べてる間、話したらあかん言いますね〜」

というわけで、今年もうちでは恵方巻き食べず。
多分、相方はその存在にも気づいてない。

しかしふつうの関西の人って、
関西限定の存在にほんと、気づかないよなあ。
大学院に進学したとき「僕、551が全国にあると思ってた」という
西宮出身の某K君の言葉にびっくりした。
いまごろ、職場の六本木で551が食べたくなっているのだろうか。

結局、親が小包に入れてきていたので、マンションということで地味ぃに豆まき。
それすらも、朝に「今日やろうね」と言ったら
「もう保育園のお庭でやったからいい」と言われた(^^;;

でも撒いたら喜んで食べてた。
食の好みがあいかわらずオヤジっぽい・・・