人気ブログランキング |

<   2008年 03月 ( 18 )   > この月の画像一覧

決めちゃいました。

風呂つき_b0061491_2215532.jpg


風呂つき_b0061491_2218690.jpg

朝、汗をかいて目覚める。
まだ涼しいのにこんな状態で風呂なし。
そして、朝のとなりのおじさんの部屋からのゴト、っという物音と、
夜のこぶしのきいた演歌ラウンドで、「もうこんな生活とはおさらば」という
決意を新たにする。

まあ、4月から勤務時間も増えて給料もあがるし
自由時間は減るし、それぐらい望んでも。

予算を立てると、グレードアップしても大丈夫だと分かったし。

というわけで、2社に案内してもらう。
こちらの要望とはまったく関係のない場所を案内する不動産屋さんて、
ほんとうに面倒。

しかも冷え込むなか、雨が降ってきて、手袋をしてなかったので、
風邪をひいてしまった。
が、自分の大学であったので、興味のあるところだけ
出て、あとは映像のとりこみ・加工をする。
といっても、うまくできず、困ってるだけだったりするのだが。

終わったあとは、会場で簡単な懇親会。
そのあと、街まで出て、タダで発表会をオーガナイズする仕事を引き受けた
U君の慰労会。川に溺れたときに縄を投げられたときの掴み方を
伝授していただく。

その後、気になっていたニュージーランド・バーにいってみる。
地ビールとチーズがうまい。
こんどワインも飲んでみたい。
by chinaloca | 2008-03-30 14:52
送別会_b0061491_17434100.jpg


この日、初めて本プログラムの研究員と事務員のこころがひとつになった!(笑)

古典的だが、食事をともにすることと、ともに歌うことは、
新しい結びつきをつくるうえで効果的なのである。
京都_b0061491_17272375.jpg

大学のミュージアムランチ。
おいしくてヘルシー。でも少食向けかも。
京都_b0061491_1724393.jpg

ああ、ここにくるとつい、二つも食べてしまう。
ふたばのまめ大福。うまし。
すてきな大学でインターナショナルなワークショップに
オブザーバーとして参加。
話も興味深いことながら、写真の使い方がうまい人がひとり。
やっぱ研究発表も「芸」ですよね。
by chinaloca | 2008-03-25 14:23
ペンキ塗り_b0061491_22182229.jpg

東京に戻った一日

そういうわけで、愛しい我が家の掃除・洗濯もろもろを
行う。この家にいると、一日人と会わなくてもちっとも
そういう気がしない。空がひろいし、ラジオは語るし
床は白木で柔らかい。そして壁一面が本棚、という夢だった
風景がそこにあるのだ。

とはいえ、北側の壁が一面のカビ、という状況は
たしかにいただけない。どうも私が関西に就職して以来、
日中、人がいないので、結露がはげしくなってできたらしい。
で、夫がどうやら激しいカビアレルギーの持ち主らしく
帰宅すると咳き込むようになったというのだ。
というわけで、近くのホームセンターに行って、
結露とカビ防止になる炭の入ったペンキを買って来て塗る。
塗り塗り。
一部屋の壁だけにしておこうと思ったが
余ったので洗面所も。
洗面所やっても余るので浴室の下半分も。
などとやってたら時間がけっこうなくなってきた。
髪の色も少し黒く変えたかったのだが、ペンキ塗り立てで
浴室でシャワーを浴びれないので
台所の湯沸かし器で頭を洗って、多少、落ち着いた色に戻した。

そして夜行バスで関西に戻る。
だから帰らないつもりだったんだが、ま、いいか。
この日も大学にいってなんだかんだ作業。
しかし、やはりさすがに一週間、毎日いると飽きてくる。
それに、東京の家が恋しいではないか。
と思った瞬間にささっとかえればよかったのだが
お金もったいないから我慢しようかなあ、と考えたり、
なんだかいろいろやっているうちに4時。
京都についたのが5時。
しかし、指定席があいているのがその1時間後。
さすがに立ってく元気はないので一時間、スーツケースに座って
小説を読む。
爆睡して到着。
ああ、我が家。
これこそホーム。
by chinaloca | 2008-03-23 21:44
書いてるの4日後ですが。
この日は、天気がよいのでお洗濯。
とはいえ、下宿に洗濯機がないのでコインランドリーまでてくてく
歩いてゆく。そしてInnovation in Ethnographic Filmを読みつつ
50分ほどまつ。清潔感のある、お風呂屋のとなりにあるコインランドリーで
スリッパを履いて、マッサージ機に座って。
腰の曲がったおばあちゃんが、全自動の乾燥洗濯機の洗濯物を
とりこみにくる。それは、たしかに便利ですねえ。

部屋中を掃除して、いざ、研究会へ。
去年の4月に始まったこの研究会も、はや1年近くが経つ。
人に論文を読んでもらってたくさんコメントしてもらう、
というのは、なかなかないことなのだが
これまで参加していたMくんも、いざ自分のばんになると
「感動するというか」と言っていた。
というわけで、みんなで彼の論文の良さを生かしつつ
どうしたら博論=民族誌になるかあたまをひねったのだった。

夜は沖縄居酒屋で。

みんな引っ越しやらなにやらでお疲れ気味で、
結構早く終わったのでビデオをふたつ借りる。
『ブエノスアイレスの夜』と『アルフィー』。
なるほど、そうきたか。
ふんふん。
by chinaloca | 2008-03-22 21:37
科研費執行締めきり日。
関係ない方にはなんのことかお分かりいただけないだろうが、
全国、役所、国営関係の場所では、3月末には予算を
1円まできっちりと「執行」、つまり、使用しなければ
ならない。
というわけで、私は、個人でとった
科研費を、今日、1円まで使い切るがために
大学生協にいってできるかぎり端数がでないようにお買い物をしたのである。
民間のみなさまには申し訳ないし、私もこんなことはしたくないし、
身分によっては科研費の次年度持ち越しというのも
可能になったのだが、私のようなペーペーはいまだにこんな
状況なんである。
それも何につかってもいいわけではなく、年度末だから
「消耗品」にしか使ってはいけない、とか、いろいろある。
来年だって、私は研究を続けるんだから耐久品でなにが
悪いのだ、と思うのだが、政府はそう考えないのである。
お金がいただけるのはありがたいことであるが、
この使い方の意味不明な制限はなんとかしてほしい。

10年前にチリにいったK先生とお話しする。そのころは、
中流の人たちでも、かなり経済的に困窮していたらしい。
そのレベルの人たちはまったくそうではない、というと、
驚いていた。世界は動いているんだな、と。

6時からペルーの大学総長のお話を聞きにいく。
ラテンアメリカの大学について、ということで
現状についてかと思いきや、人文学の方ということもあって
理想について熱く語られていた。
まあ、理想を語るってことが大事なところなんだけど
ラテンアメリカって(>適当!)。

帰りは先輩と歩いて梅田まで帰る。
眠いし、梅田にくるのもめったにないので
お店をふらふらして髪ゴムを買ったり、
コスメの試供品を使ってみたり。
by chinaloca | 2008-03-21 19:59 | 人類学