人気ブログランキング |

<   2007年 12月 ( 36 )   > この月の画像一覧

帰省_b0061491_1361410.jpg

ふう、さっきやっとひと仕事終わりました。今年は実家に帰省です。

今年もご訪問ありがとうございました。よいお年を!
年末の書類づくりに奔走。出勤日じゃないのに。
しかも、「また来年」と挨拶した
科長さんが、来年はいないってどういうことよ~

上映会をして、いろんな人にダメだしをしてもらって
励まして考えて『戦艦ポチョムキン』を観て
ゲリラ忘年会に合流して、みんなで
鍋を囲んで、ひたすら笑って
きのう書き終わったばかりの
論文のアドバイスを口頭と
メールでもらって

なんというか、すべてが
まだまだなんだけど、
こんな幸せなことって、そうそうないんだろうな、と
思うような、夜だった。
社会学の人が某大陸でしてきたフィールドワークの
報告を聞く。

へー。

どうも、最近、人類学で鋭い人は社会学の言葉を使い、
社会学で頭のいい人は人類学の言葉を使って
話をするみたいだ。

でも両者が顔を突き合わせて話すことはない。
だからちょっとずつ、ズレてる。

どっかでじっくり対峙する場が必要なんだと思う。
by chinaloca | 2007-12-27 19:36 | 人類学

綴れども
綴れども
我が論文
完結ならず
じっと手を見る

(↑そのひまがあったら書け)
by chinaloca | 2007-12-26 22:26 | 人類学
うーむ。やっぱり25日に送信はならず。
ごめんなさ−い。

でも明日にはきっと書き終わるのではないかと。
いい論文がふたつ見つかった(ひとつは思い出した)。
これでなんとか序章と結論が学問ぽく
まとまるのではないかと。
by chinaloca | 2007-12-25 23:18
クリスマス・ディナー_b0061491_19183014.jpg

豚の生姜焼きですけど…
頑張り中_b0061491_1916353.jpg

午前、やっと書き直し論文の序章を書き出す。
なんとかなりそうな予感。

ずっと指導教官から聞いていたある人と
ニューヨークで出会い、名刺を交換し、
夢と希望を語り、メールを交換し、
後輩を派遣し、そして今日ついに、
再会。今後の予定についてプランを練り、
ついで、私の撮った映像をざっとレビューして
アドバイスをいただく。
撮りはじめたばかりのころの映像は、

なんでここでとめちゃうのよ〜

ああ、ここでカメラが動かなければ使えたのに〜

というところばっかりだったのが、後半に
なってくると、意外ときっちり撮っててかつ
カメラも安定してくる。

一瞬使おうかと思ってただけの
言葉のないシーンなのに、ずっと黙って撮ってた箇所は
「映画みたいだったわね」と言われる。

ああ、嬉しい。

思ったよりも映像も音も使えそうじゃない、という
ありがたいお言葉をいただく。
しかし、このときの様子を撮影するカメラに
十分な長さがとれるほうではないバッテリーを
装着してしまったので貴重な録画が途中で切れてしまった。

うう、やっぱりしばらく撮ってないと、勘が鈍ります・・・

とても充実した4時間だった。
by chinaloca | 2007-12-22 23:08 | 教わる。
決意したのもつかの間、今日は授業なので
論文を書き出す暇がない。

とはいえ、そのために読み返した『想像の共同体』。
ほんと、すごいな、この本。
何度読み返しても、必ず新しい発見があり
再発見があり、しかも、とにかく読んでて
わくわくする。
おかげさまで今度の論文に使える部分も発見。
こんなこと言ってたんだ、と意外に思う。
有名な本ほど、つまらない引用のされかたをするので
あんがい、よい部分は忘れられがちだ。

引用するんだったら、有名な本をきちんと読み込んで、
それに沿いつつも、しっかりした反論をすると
君の評価もあがるよ、と、メキシコ出身の、
Lomnitzという人類学者に言われたことがある。

そういえばその彼も、アンダーソンの議論を
ふまえて、どうしてそれがメキシコでほとんど
受け入れられなかったのかを、メキシコの
「ネーション」という言葉の歴史的含意を
ときほぐしながら論じたのだった。

この1年、違う手帳を使ってみたが、
このごろになって、
優先順位をつけるタスクリストと
十分な書き込みがないと
仕事に追われるし、忘れるし
先の見通しが見えなくなりそうなので、
フランクリン・コヴィー社の
手帳のリフィルを買いにいく。

同じ会社の『プロジェクト・マネジメントの探求』という本も
パラパラとみて、使えそうなので買う。
これはよいですね。
著者がシングル・マザーとその部下の女性なので、
ちゃんと生活しつつ仕事をするという
経験に根ざしている。
さらに、いろんな人と連携して、数年間という
期限を切った「プロジェクト」とはどういう仕事の
仕方を要請するものか、が、書かれていて、
あまり自覚してなかったけど、それが明言化
されることで、今後、自覚的にやるべき
さまざまなことが何であるのかがはっきりしてきた。
COEとかGCOE、GPといった、提案したプロジェクトが
選ばれた大学にだけ予算をまわすという最近のシステムも
これとほとんど変わらない。

ただ、予算の決め方と執行の仕方が、一般企業とえらい違う。
ここをなんとかしてほしいんだが、役所は日本全国、一律、
同じなんだとか。困ったもんだ。
by chinaloca | 2007-12-21 08:34 | 人類学
ひとりで論文書き直しのため、
『勝つための論文の書き方』(鹿島茂)を読み返し
やる気を高めてから模造紙にポストイットで
キーワードや出来事や引用する予定のものを
貼っていって、論文の構造を固める。

25日、クリスマスには、担当の方に、
プレゼントとして送信します。



決意。_b0061491_1936046.gif

by chinaloca | 2007-12-20 19:31 | 人類学