だいぶ前のことだけど、すでにこのブログを書いていたときのことだと思う。

四谷にある大学で、アメリカの大学に勤める研究者の発表を聞きにいった。
終わったあと、発表者ともども(だと思う)、日米さまざまな
若手研究者が入り交じりながら歩いた。

多分、私はそのとき、公募に落ちた、というようなことを
言ったのだろう。まだ若いアメリカ人の研究者がこう言ってくれた。

「大丈夫。私は博士論文を書いて1年してから、物事がまわり始めた。
私もいくつも応募して、落ちて、何度も泣いた。
だけど、最後には夢みたいな就職ができた。
カリフォルニアの家族のそばで、
やりがいがあって」

アメリカという広大な国で、たまたま家族のそばで
やりたいアカデミックポストが見つかる、というのが
いかに大変かは知っているので、へえ、いいなあ、と思った。

それからも色々あったが、
私にとっての夢みたいな就職ってなにか、
そのためにはいまどうすればいいか、ということを考えるようになった。

そう考えると、後輩や同僚が先に昇進したり就職しても、
大して悔しくない(忙しそうだし)。
給料と身分はそこそこでも、いつかやりたい仕事を
好きな人たちとできるような環境に身を置くようにするには
どうしたらいいか、ということにだけ集中した。
そうすると、先輩とか上司とかのウケを狙ったり
にらまれないよう、やりたくない仕事を引き受ける
ということもしなくていい。

そうこうするうちに、本当に尊敬できる人や
一緒にいて気持ちのいい人たちに会えるようになった。

いまの就職が決まったときは、自分でびっくりした。
指導教員はもっとびっくりした。
私は修士の時から同じ大学で研究員から
任期付の助教になっていたので、ずっと先を心配されていたのだ。
内定し就職するまで、なんどか研究室で
コーヒーを飲みながらしみじみと驚きと安堵のため息をついた。
先生が言った。
「なんか夢みたいだよねえ。自分でもここまでいい就職が
できるとは想像してなかったでしょう。想像外だよね」


本当にそのとおりで、具体的にここがいい、とは考えたことも
なかった。
でも、考えてみたら、この大学出身の人たちが関わるゼミに
出て、その人たちとの飲み会に出たりしたとき
すごく楽しそうに飲む人たちの集団がいて、
「私はあっち側に座る人になりたい」とぼんやり思っていたのだった。

とはいえ、自分が教える側になるとは思っていなかったので
いまでもまだ夢のなかにいるようである。

指導教員が、「もしかしたらドッキリなんじゃないか」と茶化しても、
「やあ、本当にそうかもしれないですねえ」というぐらい、現実味がない。
でも事実で、大学に行くと、私の研究室があって、フルネームで
ネームプレートがあるのである。
いやはや。

というわけで、夢の仕事に就いたわけだが、それは甘い日々ではない。
やりがいはあるけど忙しい。
再開したブログの更新も忘れるようになってしまった。

本ブログを始めたときは、まだSNSもなく、新しい
メディアとして勢いがあった。
当時、色んな大学教員のブログを読んだり、掲示板(なつかしい・・)
をみたりして触発されたけど、最近はもう、あまりしない。
正直、忙しくてそれどころではない。

ブログを書く教員たちは、指導学生に
自分の言いたいことや継承したいことを伝えられない立場に
ある人たちなんだと思う。
私がいるのは、地道な研究が好きな人が集まった地味な大学で
学生も、これまた地味だけど割と自分を持っていて
打てば響くような人たちだ。
院生もいて、次世代を担うような人材がぽつぽつやってくる。

そうして、本を読んだり、議論したり、話していくなかで
人が変わっていく瞬間って、本当に面白い。
自分がやってきたことに意義があると感じられることほど
研究者にとって嬉しいことはない。

なので、ちょっと切なくはありますが、やはりこのブログは本投稿をもって
終わりにしたいと思います。

多分、このブログがあったから、指の隙き間からこぼれていくような
ヒジョウな日常も、ただ消えていくだけではないんだと
感じられたのだと思う。
ここに書いていなかったら、いまの私はいなかっただろう。

ありがとう。
[PR]
# by chinaloca | 2015-09-29 00:28 | 人類学
しばし投稿してないのは、エキサイトブログのアプリが変わって使いにくくなったためです(怒)。

なんかもう、最初のが良かったんですけど...

三連休の一日目であれば、半日の
研究会ぐらい普通に笑顔で送り出してもらえるのですが、この二日、風邪の王子とともに篭っていた相方。さすがに出かけないとかわいそうです。

というわけで公園近くでお昼食べてそこから私は研究会...と思ったのですが、予報が外れてずっと小雨。

仕方なくしばしIKEA店内を周り、雨あがりを待つもやっぱりあがらない。

ちょうど映画『バケモノの子』が始まるところだったので2800円(たかっ)のチケットを買って、3時間遅れで参加。

人類学の若手研究者支援。
...に、若手の人ばかりいて「誰が支援するんだ?」と若干、疑問に思いましたが...

最後のコメントしか聞けませんでしたが皆面白く、有意義でした。

ただ、人類学をヒラくことによって、キャリアパスが開けるかどうか、っていうのはケースバイケースとしか言えないような。

博論書かずに就職できちゃう人もまだ結構いるし書いても決まらない人もいれば、すべてどっつつかずの人もいる。

自分が信じる道に賭けるしかないところもあるでしょう。そこが研究教育機関と企業の違いだし。
b0061491_19025995.jpg

b0061491_19025987.jpg

草を食べるためヤギが放たれてますの。


[PR]
# by chinaloca | 2015-07-18 18:48

43

b0061491_19264521.jpg


b0061491_19264504.jpg

b0061491_19264606.jpg

b0061491_19264646.jpg


あたくしももう43ですか。
もうお店で高いディナーなんて憧れなぞ無いので、自然のなかでゆっくり過ごしました。
ハイキングの途中でどうぞ、という
カフェに入ると、そこはまるで
イギリス。
庭の花を使った花束、なんと200円ですよ!

プレゼント、ではないけれど
ちょうど王子の保育園のマーケットがあったので
園児と先生の作品を購入。
王子もつくるのに参加した桜ジャム、
本当においしいです。



[PR]
# by chinaloca | 2015-05-31 19:18
b0061491_14511290.jpg

b0061491_14511347.jpg

b0061491_14511441.jpg

b0061491_14511540.jpg

3月末、大学の一時保育を利用したあと
希望の園に入園しました。
[PR]
# by chinaloca | 2015-04-24 14:49
b0061491_1154692.jpg

b0061491_1154755.jpg

b0061491_1154785.jpg

b0061491_1154849.jpg

b0061491_1154855.jpg

b0061491_1154938.jpg

b0061491_1155088.jpg

b0061491_1155050.jpg

b0061491_1155170.jpg

b0061491_1155241.jpg

b0061491_1155294.jpg

b0061491_1155390.jpg

b0061491_1155358.jpg

b0061491_1155458.jpg

b0061491_1155547.jpg

b0061491_115553.jpg

[PR]
# by chinaloca | 2015-03-31 11:05
b0061491_18543054.jpg

b0061491_18543113.jpg

b0061491_18543291.jpg

b0061491_18543247.jpg

b0061491_18543345.jpg

b0061491_18543496.jpg

ちょっと前の写真ですが、
最寄り駅から近い大き目の公園。
花見に良さそう!
[PR]
# by chinaloca | 2015-03-29 18:53
b0061491_105067.jpg

b0061491_105036.jpg

b0061491_105150.jpg

b0061491_105258.jpg

b0061491_105397.jpg

b0061491_105425.jpg

b0061491_105513.jpg

b0061491_105666.jpg

家具はやっぱりIKEA頼み。

生協が始まらないうちは
保存料なしのオイスターソースが
手に入らないかと思いきや
KALDIにありました。
すごい粘度でなかなか出てこない。
かつて九州物産展とかでしか
手に入らなかった柚子胡椒まで。
もうこれはないと生きてけません。
[PR]
# by chinaloca | 2015-03-17 10:00
実は、4月からの就職が決まりました。
これで正真正銘、「ヒジョウ」ではなく、
「ジョウキン」な日常になるのであります。
このブログを始めたころは、ここまで遅れるとは思わなかったですが
まあ、いろいろ波乱万丈であったし、初めてのことや
何やらにチャレンジして、思いがけない理想的な就職となったので
まあ、よかったです。
西の都会のはじっこから東の都会のはじっこへ大きく移動することに。

しかし、子連れの引っ越しは大変なんですよ!

More
[PR]
先週の金曜、遅くなり、土曜に論文を書き上げたら
風邪を引いた。

日曜には喉がいたい。
月曜の朝はもっと痛い。
それでも最後の授業で休めないので出勤。
よりによってスペイン語の授業なので
声を出す。
月曜に病院にいって薬をもらったら喉の痛みはひいた。

だが、ちょうど職場の健診の水曜になっても
咳がとまらん。
ついでに問診も受けられるというので受けてみる。
「あー、呼吸器科いったほうがいいですね」

というわけで、翌日、受診。
相方はもっとひどい状態で、夜中にぜんそくのような
咳をするので私も眠れず。
iPhoneの睡眠アプリをみたら実質的に2時間しか
眠れてなかった。

さて、血液検査やX線検査をして、受付から3時間たって
受診。前回きたのは1年半以上前だった。
ふたりとも咳ぜんそくの診断で、それぞれ強度の違う
吸入剤をもらっていた。
しかし、わりとあっさり治ってそのままにしていたのに
ここへ来て急激に悪化して再発。

ふたりとも教職ということで、マイコプラズマとか
もっとヤバい系のものをまず検査し、それがないことから
ぜんそく系のチェック。

最初は、相方はぜんそく、私はもっと軽いもの、という
見立てだったのだが、ヌブライザーという、気管支を
拡張する湯気を吸い込む措置を10分行ったあとの
感覚で、判断が逆転。
相方はほとんど変わらず、私は楽になったので、
あちらは急性気管支炎、私は咳ぜんそくという診断になり、
処方もむこうは抗生物質、私は吸入ステロイド剤となったのでした。

吸入は分かるんだけど、シングレアっていうアレルギー錠剤が
出されたのはなぜかな、と調べていたらあたったこの
ページ
が分かりやすかった。

というわけで、ちとしんどいですが、気長に治療します。
まあ学期末でよかった。
[PR]
# by chinaloca | 2015-02-08 00:16 | 健康
整骨院にて。
「今日はもう、恵方巻き買いはりましたか?」
「いや〜、あれ、関西の習慣でしょう。うちやらないんですよ」
「ええ?!全国区やないんですか?!ふつうに全国区かと思ってました」
「しかもあれ、美味しそうだけど、一気に食べろ、っていうでしょ。無理です」
「そうですね、食べてる間、話したらあかん言いますね〜」

というわけで、今年もうちでは恵方巻き食べず。
多分、相方はその存在にも気づいてない。

しかしふつうの関西の人って、
関西限定の存在にほんと、気づかないよなあ。
大学院に進学したとき「僕、551が全国にあると思ってた」という
西宮出身の某K君の言葉にびっくりした。
いまごろ、職場の六本木で551が食べたくなっているのだろうか。

結局、親が小包に入れてきていたので、マンションということで地味ぃに豆まき。
それすらも、朝に「今日やろうね」と言ったら
「もう保育園のお庭でやったからいい」と言われた(^^;;

でも撒いたら喜んで食べてた。
食の好みがあいかわらずオヤジっぽい・・・
[PR]